国分海の風認定こども園

close

保育について

0.1.2歳児クラス

応答的な関わりの中で

そばで見守る保育者や、いつも周りにいるおにいちゃん、おねえちゃん。 安心できる人との関わりの先に、たくさんの興味が広がります。

“お友だちの存在”が楽しいものとなり、笑いあったり時には思いがぶつかったり。 言葉でうまく伝えられない分、全身で思いを伝えることも。 乳児期の大切な成長の過程を丁寧に関わっていきたいです。

まだ言葉がしっかり喋れなくても、目や表情・指さしで会話をします。 子どもの思いを受け止め、見守ったり、時には「一緒に」してみたり。

大人が先に手を貸したり、逆に止めたりせず 手を伸ばした先に起きることを体験する、ということを大切にしたいと思っています。

その時の表情が嬉しいものなのか、驚くものなのか、時には泣いてしまうものなのか・・・ 1人ひとりの興味の広がりに気付く保育を心がけています。

3.4.5歳児クラス

異年齢児との関わりの中で

自分の思い・考えを伝えること、 思いやりの気持ちを持って相手と接すること 年齢の枠を超えて、お互いに刺激を受けながら過ごしています。

「こうすればどうなるかな?」
「あれがあればいいんじゃない?」

お互いに意見を出しながら、遊びの中で考える力が芽生えます。

団結力が芽生えたり、時には意見がぶつかったり。 どの姿も成長には欠かせない瞬間です。 どのようなことを考え、どうしたいのかという思いに寄り添いながら、 対話や体験・経験を大切に過ごしたい時期です。

園の行事について

当園では、1年の中で季節を感じる行事や きずな運動会やあそび発表会などの大きな行事があります。

行事に向けて練習したことを見てもらうではなく、その日を “日々の生活・遊びの中で体験・経験したことを見てもらう機会” として捉えています。

きずな運動会やあそび発表会では、もちろん緊張する姿も見られますが、 自分の得意な事や、普段の好きな遊びを見てもらう、一緒に楽しんでもらうことで 子どもたちにとって、大きな自信や意欲につながると思います。

その日のために特別なことはさせず、 子どもたちの表情を保護者の皆様に見ていただければと考えています。

ページトップへ

©2021 国分海の⾵認定こども園. All rights reserved.